ヒノkazu3z’s blog

人生のおもちゃ箱を目指します!(時々真面目)https://twitter.com/555zHino

「洗車」は人の性格を映す鏡であると 言えなくもないこともない

*神経質な方・大雑把な方 購読注意

 

f:id:hinokazu3z:20210603152550j:plain

 

少し時間が出来るとむしょうに「洗車」

したくなります

そして頭の中で計画を練り始めます

すでに戦いは始まっているのです

 

・手洗い (ウエス? スポンジ? ブラシ?)

・洗車機 (水洗いのみ? ワックスまで?)

 

車内清掃はどこまでやるのか

車用の掃除機は買うべきなのか

 

折角だからワックスも2回掛けてやろうかしら

 

fufufu  わくわく

なんだかここまで考えただけで疲れてしまいました

「洗車」 は又、今度にしますね

 

いやいや あかんがね

なんとか頭を整理し 自分の出来る範囲で頑張ります!

 

さて今回は しっかり手洗いで、久しぶりにワックスも自力で

掛ける事に決定致しましたので、オートバックスにて

カーシャンプー・ブラシ・ワックスを購入致しました

もう後へは引き下がれませんね

 

しかし又しても大きな問題にぶち当たります

それは先に車全体に水をぶっかけてから洗い始めるか

どうかです ビコーズ(なぜなら)

いきなりボデーをゴシゴシこすると ボデー表面に付いている

砂やほこりでボデーに小さなキズが付いてしまうからです

又、水をかけておくと元々あるキズや表面の凸凹に溜まっている

汚れを浮かせる効果もあるといえます

 

でも

まだ買って一年ちょっとだし~

面倒くさいし~

小さなキズはどうしてもついちゃうし~

 

早速シャンプーでごしごし洗うを選択をしました

もう迷うことなど何もありません

 

ありました

 

窓ガラスとタイヤを洗う順番です

窓ガラスは大事です

タイヤを洗うと ウエスであれブラシであれ

洗車アイテムがこってり汚れます

これはボデーの下方を洗う時も含まれます

油汚れや泥の塊なども付いてきます

油断禁物ですね

よって このような順番と致します。

1、  窓ガラス

2、  ボデー

3、  ボデー下方

4、  タイヤ

 

平和的な解決方法となりました

この場合ウエスは最終的に廃棄処分としブラシは念入りに

洗ってしまいます

 

もう何も案ずる事はありません

少し腕が疲れますが 心置きなく洗いまくる事が出来ました

つづく

 

ワックスの時間がやってまいりました

この日は幸い晴れで暑いくらいでした

なので洗車後 乾いたウエスで軽く拭いただけで

水をおとすことが出来ました

いよいよ本日のメーンイベント「ワックス掛け」です

はりきってまいりましょう

ワックスの種類については その目的によって多くの

選択肢があり悩むところですが 今回私が

選んだのは ズバリ 普通です

ワックスの事について全然詳しく知らないので

ここは安牌として 普通です

 

頑張ります!

 

ワックス掛けの豆知識として

同時に空手の受け手を修得できるらしく その方法としては

片手でワックスを塗り もう一方の手でそれを

拭き取る

ワックスを塗って~

ワックスを拭き取る

又、

ワックスを塗って~

ワックスを拭き取る

 

これを繰り返すことにより 空手の達人になれる可能性が

かなり高まるようです

 

私はやりませんが

そもそも私の流派としては

まず全体にワックスを塗りこみ それが乾いた後に

じっくりとそれを拭き取っていくタイプです

この場合

ワックスが固まっているため こすり取るのが大変ですが

我が愛車のためここはふんばりどころです

そしてとうとう完結を迎えます

我ながらよく頑張ったと思います

所々、ワックスの拭き残しが見られますが

達成感に包まれた今の私には 何も見えません

最初にあれこれ悩んだのが遥か昔のことのようです

勿論 本日もう一回ワックス掛けするなど考えてはいけません

腕が疲れて もちません

 

「洗車のすすめ」

 

私にとって洗車とは「草刈り」に匹敵するほどに

大切な時間です、それはきっと単純に「無」になれることと

程よく疲れながら「達成感」も得られるからかな などと思います

ただ洗車も奥が深く、はまり過ぎるとかなり疲れるので

ざっくりそこそこに限ります

 

だってさ

 

f:id:hinokazu3z:20210603165153j:plain

サンバイザーとボデーの隙間のくせ

この隙間 手もブラシもとうしゃせぬ~

 

見なかった事にいたしましょうぞ

 

ありがとうございました。