ヒノkazu3z’s blog

人生のおもちゃ箱を目指します!(時々真面目)https://twitter.com/555zHino

ラグビーはワントライが難しい

今週のお題「部活」

 

 

 

寄せ集めのラグビー

 

当時中学3年生で所属している部活が終わったころ

体育教師に呼び止められ

ラグビー部作ったから明日から練習な」と言われました。

訳の分からない話ですね

私が「受験勉強があるので嫌です」と言うと

先生は笑いながら

「お前らは放課後時間があると困る」とのことです。

訳の分からない話ですね

翌日、素敵な仲間たちが数人運動場に集合しました!

当時ドラマで(スクールウォーズ)なるものが流行っていました

「はいはい そうゆうことね」

でもせんせ、ラグビーなんてルールも何も知らないよ(笑)

 

それからは、ひたすら横に並んでのパス練習の日々!

ラグビーは前にパスしたらダメなので、体をひねりながら

斜め後ろにパスします

ボールを落とすと大変です  (試合では前に落とすと反則です)

ラグビーボールは丸くなく、玉子形です

なので、弾む予測がつきませんwww

右へ左へボールにもてあそばれます(泣)

 

楽しみもあります、生活指導の体育教師達に集団でタックルしても

怒られません! むしろ倒すと褒められました

先生チームも素人の集まりみたいで、下手くそでした(笑)

それでも体格が良かったので、1人でタックルしても

跳ね飛ばされていました

そんなこんなで毎日練習が続きました

部員は減ったり増えたりしていましたし、仲間でも

「嫌なものは嫌っ」と言って来ない奴もいました

そりゃそうです、いきなりラグビーはないですよね

あなたなら明日からいきなりラグビー部に入れますか?

ないでしょ!  むちゃな話ですw

 

それでも私を含め2~3人は面白くなってしまったようで

ほぼ練習に参加し、クロスのパスなど連携や作戦なども

教えてもらいラグビーの形には、なってきたと思います。

 

ラグビーストーリーは突然に

 

「今度試合に出るからな、大会があるからな」

???

いやいやww いくら何でも無理でしょ

ドラマと違うのだから!

このグダグダチームで、どうやって試合するのよ

この時私自身もまだルールをほとんど把握していませんでした

 

「大丈夫!他のチームも似たようなもんだ(笑)」

ほんまかいな?

その後練習に参加する部員も増え、先生達との試合も増えました

そこそこタックルで先生を倒す事も可能となりました!

又ある時は、地元の名門高校ラグビー部の1年生との練習試合も

組まれました。勿論、結果はボッコボコwww

何もさせてもらえませんでした。

悔しいと言うよりも、やっぱりな そりゃそうでしょうよ(笑)

笑うしかなかったです。

それでも一つ分かったことは 「練習半端ない」!

練習を見学させてもらい、改めて思い知らされました

身体のキレ・スピード、ぜんっぜん違うやん

だめだこりゃ

先生は相変わらず(笑う) ばかりなり

それでも その日 は、やって来ました

 

第一回愛媛県中学生ラグビー大会

 

第一回って?今までなかったんか~い

参加チームは我がチームを入れて3チーム!

結局こんなもんです。 先生達にまんまとはめられた、です

 

一つは我々と同じく寄せ集めのチーム、しかも学校バラバラ 以下(バラ)

もう一つはガッツリ長年部活として活動している所のたぶんCクラスチーム

以下(長C)

 

試合する前から 見たらわかる (長C)つおい奴やんwww

 

(バラ)には勝てるかな?

 

試合開始! まずは(バラ)チームとです

はい、全然前にボールを運べません、つぶされます

はい、すぐに抜かれてトライラッシュを許します

そうですこれが「思ってたんと違う祭」と言います。

 

そのまま無情にも時間が過ぎ、試合終了

ぼろ負けだけど、なんか今回は笑えないみんなもだんまり

と、ふと(長C)チームに目をやると、こっちをみて大爆笑中!!

我がチームフリーズ後、ぶ・ち・き・れ

元々そんな連中の集まりなので、試合でなかったら、、、

で、(長C)チームとの試合開始!

この時はもう、レベルの違いなど頭になく

単なるいつもの(ヤバいよ集団)化していました

それでもやっぱり前に進めないのは同じ事、トライが遠い

ただ偉いのは、(手も足も出ない)戦いであっても

(手も足も出さず)ルールに従って戦っていました

この意味分かりますか?(笑)

そして明らかに違ったのは、トライを許さない!止めるのです!

常に食らいついて行きました

結果 0-0  引き分けです

ここでワントライし、勝っていればほんとにドラマチックでした

だけれど負け惜しみではなく、ほんとにみんなは

達成感に満ちていました、(長C)チームに対しての怒りもありません

そしてそっと(長C)チームに目をやります

どうやら監督らしき先生に、かなり怒られているようでした

そりゃ我々弱小チーム相手にワントライも出来ずに引き分けですから

怒られて当然ですね(笑)

後で先生から聞いた話では、あの時試合内容で怒られたのではなく

その前に我々を笑った事に対して、酷く怒られたそうです

 

その話を聞いてみんなで「ざまぁ」と笑いました。

だけれどそれだけです、みんなの気持ちは違う場所にありました

 

「ワントライ!したかったなぁ」

 

でした!

なんやかんやありましたが結局

みんな、良い時間を過ごせた! そんなお話でした

 

                  おしまい