ヒノkazu3z’s blog

人生のおもちゃ箱を目指します!(時々真面目)https://twitter.com/555zHino

頻発する残酷な事件や事故、頼みの綱は健康な引きこもりさんたちの一歩、それが犯罪抑止力!

f:id:hinokazu3z:20190528194925j:plain

 

犯罪抑止力について考えてみた!

 

もう親だけでは子供の命を守り切れません、、、

 

 

子供達は社会人

 

くどいようですが、(家を一歩出れば、7人の敵がおり危険が伴う)

子供達は早い段階で半強制的に外、幼稚園・保育園・小学校に行くために

出かけていきます、教育・集団生活に慣れるためです。収益が出るわけではありませんが、私はこの段階で(社会人)と判断します。子供達は危険を理解していません。

一方で大人になると、外の危険を理解し始めます、そして経済的な不安が無ければ、自分の判断で(引きこもる)事も可能となります。

これはあくまでも、(健康な)引きこもりさんの場合です。

 

これって逆じゃない?

 

危険な外の世界へ子供達が向かい、安全な家で大人が引きこもる、何だか不自然な現象です、でもそれが今の普通であり今のシステムです。なので「明日から子供を危険な外には行かせません」とはならないし、仕事や家事で忙しい場合には行ってもらわないと困ることにもなります。

 

安全だけれど生きがいを感じない

 

一方で安全なはずの引きこもりさんの中には「生きがいを感じない、生きてる意味を感じない」人もいるようです、危険な外の世界で苦しんだ人もいるでしょう。私も長く苦しんだ事があるので少しは気持ちが分かります、しかし子供を持つと状況(気持が)一変します、自分よりも子供を守りたい!しかし(ここまで)治安が悪くなると手に負えません、子供に四六時中付いている訳にはいきません。

 

人間には人間エネルギーがあります

 

自分ではなかなか感じることが難しいかもしれませんが、人間には何もしなくてもただそこにいるだけで発せられる(人間エネルギー)があると思います、格好よく言うと(オーラ)ですね、例えば、いくら恋人でも日常会話で顔を近づけられたら「近い・近い」となります、ではこれはどうでしょう、犯罪者がいて狙っている物がある、その間に人がただ立っていたとするならば、きっと犯罪者は諦めて立ち去るでしょう。勿論、これが凶悪犯の場合は、大変危険です!なのであくまでも(抑止力)の例えであり、危険を冒せと言う訳ではありません、ただ、人には人間エネルギー・オーラ・抑止力があると言うことです。

 

たった一歩の抑止力

 

後を絶たない悲惨な事件・事故、危険な交差点に立つ旗振り当番の保護者、通学に付き添って下さる見守り隊のお爺さん、時々現れるお巡りさん、それでもなくなりません、日本の治安、安心・安全は何処へやらです、ここはひとつ、もし可能であれば健康な引きこもりの皆さんにお願いしたい、朝と夕方の二回、玄関の一歩前で子供達を(見守って)貰えませんか?助かります、きっと誰にも感謝されないかもしれません、けれど少なくとも私は凄く感謝します。だってそれが(人間抑止力)であり、多く集まれば、きっと大きな(犯罪抑止力)となると思うからです。これ以上日本の治安を悪くしたくはないものです。

 

明日から、今まで以上に子供達の通園、通学に付いて行くつもりです。